イチハツ

『イチハツ』

花言葉は「使者」「付き合い上手」

アヤメ科の一種で、アヤメ類の中では一番早く咲き出す事からイチハツ(一初)という名前が付けられました。
外側の大きい花びら(外花被)には、つけ根の部分から真ん中にかけて鶏の鶏冠のような白い襞があります。

イチハツの学名【Iris tectorum】は、属名がギリシャ語のIris(虹)に由来しています。
花言葉の「使者」は、ギリシャ神話の虹の女神イリスが天上と地上を結ぶ虹の橋を渡って使者をつとめたことからきています。

>> バックナンバーはこちら

トップページ

資料請求

刺繍の家紋承ります
オリジナル刺繍承ります
家紋額申込み

質問コーナー

メールマガジンご登録はこちらから

日本刺繍のあれこれ、京都の豆知識など、紹介しています。

中村刺繍ブログ

刺繍教室の生徒さんの作品を紹介しています。

ツイッター始めました。
http://twitter.com/
nakamurashisyu

過去のブログはこちら

おすすめ京都体験オスキョー

キューマートテレビショッピング

FMラジオ京都三条ラジオカフェ